名古屋スモールビジネススクール(NSB)は、小さな会社の経営者の方が経営について勉強するための会として、2009年9月26日に立ち上げた経営勉強会です。

経営と一口にいっても、戦略、マーケティング(企画・広告・ホームページなど)、財務(税金・借入・経理など)、人事(雇用、人材募集、就業規則など)といった多くの要素があります。 

名古屋や愛知県のほかの地域でも異業種交流会は開催されており、人脈を広げる場はありますが、経営について、勉強する場というのは少ないように感じます。

 

当然、会社の経営者であれば、経営について学習し、様々な失敗・成功を繰り返しながら、経験されてきているかと思います。

しかし、この失敗・成功の経験を、他の経営者と共有することにより、新たにアイデアが浮かんだり、自社に活かすことができる部分がたくさんあるのではないかと思います。

 

NSBでは、月1回程度の勉強会を通して、経営者の経験を共有し、自社に生かしていくことで、継続する会社にしていくことを第一の目標としています。

各勉強会では、セミナーのように一方的な部分ばかりではなく、意見交換等を通して、全員が参加できるような形で進めていくことを予定しています。

 

ご興味のある方のご参加をお待ちしております。

第106回開催案内【7月19日(木)】

第106回の名古屋スモールビジネススクールの詳細が決まりましたのでお知らせさせていただきます

【日時】 2018年7月19日(木) 19:00~20:20(18:45から受付スタート)

【テーマ】

セミナー「経営に生かす決算書の読み方(基礎編)」

講師:税理士金田光加氏(金田光加税理士事務所)

「決算書読めますか?」と聞かれて、ドキッとされた方や、そもそも決算書ってなに?貸借対照表?損益計算書?なぜ読む力が必要なの??と頭に疑問符が浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

決算書は会社の1年間の通信簿です。
学生は成績表を見ながら得意科目と不得意科目を知り、自分の努力すべき点や改善すべき点を把握します。 決算書は経営者の方が経営状態を把握し、経営改善をするために使えるものなのです。

味気ない数字があふれる決算書は見てるだけで頭が痛くなる…
そんな苦手意識を少しでもなくして頂けるよう、まずは押さえるべき基本的な見方を、分かり易くお伝えします。

 

 

【定員】 25名  

【場所】 日本特殊陶業市民会館 3F第2会議室

住所:名古屋市中区金山一丁目5番1号


大きな地図で見る

 

【アクセス】 ■地下鉄名城線「金山」下車地下連絡通路あり
■JR中央本線 東海道本線「金山」下車北へ徒歩5分
■名鉄本線「金山」下車北へ徒歩5分

 

【会費】 1,000円

また、勉強会の終了後に懇親会をおこないますが、懇親会に参加される場合には、4,000円前後かと思います。これももちろん、実費ですので、講師を除いた参加人数で割ります。

 

 経営について、本気で勉強したい方からのご連絡をお待ちしております。 初めてご参加される方も、ご興味がある方は、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

 なお、NSBは、勉強会ですので、他社への営業をメインに考えている方はご遠慮ください。

■今後の予定

第107回 平成30年8月22日(水)
第108回 平成30年9月19日(水)
第109回 平成30年10月23日(火)
第110回 平成30年11月20日(火)
第111回 平成30年12月13日(木)
第112回 平成31年1月23日(水)

 

参加希望の方は、下記のフォームよりお問合わせください。

なお、NSBは、経営者のための勉強会ですのでネットワークビジネスをおこなっている方や営業目的の方のご参加はご遠慮ください。

問合せフォーム

【問合せフォーム】